予定外の出費は冠婚葬祭。お金の借り方を調べる。

以前私が仕事をしていた頃は、まだ余裕がありました。主人だけの収入で毎月やり繰りをするのはただでさえ大変です。まだうちは子供がいないので贅沢な悩みと言われそうですが。
毎月給料を頂いてそれぞれの支払いや使い道にわけますが、実際に出ていく固定費は給料にほぼ届く勢いです。光熱費、二人分のスマホ代、パソコンのプロバイダー料金、食費、雑費、それに主人のおこずかい。ぎりぎりでわずかに残ったお金を貯金に回しますが、少し貯まると、なぜか電気製品が壊れたり、主人のスーツが着れなくなったりと、すぐに消えてしまいます。
そのような日々の中、最もお金に困るのが冠婚葬祭です。結婚式の招待状が2か月まえに送られてきて、夫婦で出席となると、親せきで7万円から10万円。友人の場合はひとり出席で3万円。ご祝儀だけではすみません。遠方になると交通費、宿泊費(中にはお車代として一部負担してくれることもありますが)、それと私の見栄かもしれませんが、古いフォーマルは着て行けないので、ドレスの購入に、髪のセット。ああ女性は嫌ですね。なるべくシンプルなものを購入して、何度か着るようにしていますが、やはり2年が限度です。今までで一番大変だったのが、同じ月に3組の結婚式に招待されて時です。1組は親せきで夫婦で出席。あと2組は私の元職場の部下です。1組は出席しましたが、もう1組は欠席をし、ご祝儀だけ郵送しました。
葬儀も同じです。こちらは急にやってきます。親せきならば行かないわけにはいきません。近い場所ならよいのですが、うちの場合、遠方が多いので、交通費がかかります。香典はそこまでないとしても、ほかに久々会う親せきに手土産も必要です。
なんとかしなければと悩みますが、主人のお小遣いだけは減らせませんので、私が頑張らなければと、庭の一部をで家庭菜園をはじめました。

最初はローンを利用したりしたこともありました。借金ですね。そうしてでも行かないといけないことってあるんですよね。

お金を借りたのなんて初めてなのでお金の借り方も分からず、、、間違った借り方をしないように慎重に借りました。

ちなみにこういったサイトで借り方を調べました⇒借り方

時間はあるので、毎日朝夕1時間ずつ頑張って、いろいろな野菜を作り出しました。収獲した野菜を近所に配ると、お返しにうちにない野菜がきます。おかげで野菜をまったく買わなくてすむようになりました。たまにはお肉や魚もきます。食費がずいぶん節約され、まだまだ足りませんが少しその分貯金ができるようになりました。
もっと他でも節約できるよう、やり繰り上手な主婦になるよう頑張ります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>